物件をもって利益を得る〜ウェイカップ物件〜

Finance

とても効果的な方法

十分な頭金を用意してから不動産投資を始めよう

中古ワンルームマンションで不動産投資をしようと考えているのであれば、十分な頭金を準備してから始めると良いです。少なくとも1000万円程度の投資資金は用意しておきましょう。なぜならば、200万円や300万円程度では中古ワンルームマンションを1戸購入するのがせいぜいだからです。中古ワンルームマンションを1戸だけ保有して、長い期間かけて完済をしようとしていると失敗をする可能性が高くなります。不動産投資における失敗を回避するためには十分な投資資金を準備して2戸もしくは3戸同時に購入することが重要なのです。1戸は全額現金で購入し、他はローンを組んででも購入しましょう。複数の物件を保有していれば、空室により収入が途絶えるという可能性が小さくなります。

複数戸保有すれば投資を加速できます

不動産投資における失敗は家賃収入が途絶えてしまうことです。1戸の収益物件しか保有していないと、収入は0円か1戸分の家賃かの2択になってしまうわけです。稼働率でいえば0%か100%しかありません。しかし2戸の収益物件を保有していれば、0%、50%、100%の3パターンになります。このようにパターンを増やしていえば0%になる可能性は低く、不動産投資における失敗をしにくくなるわけです。また、抵当権が設定されていない不動産を持っていれば、金融機関が融資に応じやすくなってくれるため、不動産投資を加速させることができます。3戸目や4戸目を買うときはフルローンを組むことができる可能性もありますし、2戸まとめてローンを組んでくれる可能性もあります。